×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク
果物アレルギーが増えています。
果物アレルギーなんてあまり聞いたことないかも知れませんが、果物や野菜を食べると過敏に反応する症状です。過敏に反応するというのは、口の中が腫れたりかゆくなったりします。(口腔アレルギー症候群)
他にもジンマシンが出たり、腹痛や下痢、喘息の発作を起こしたり、吐いたりしてしまう人もいます。ひどいときはアナフィラキシーを起こし、救急車で搬送されることもあります。
果物アレルギーはほとんどの場合、生の果物で起こります。火を通した焼きリンゴや加熱処理されている果物ジュースは大丈夫という人も多いようですので、一概にこの果物は絶対に駄目というのはないみたいです。
果物アレルギーは小さいころは良く食べていた果物も、大人になってから何かのきっかけでアレルギーになってしまう人も多いようです。
果物を食べるまでわからないので、何の果物に反応するのかがわからないので、難しいアレルギーといえますね。食べてみて口の中がイガイガするとかかゆいとかの反応があった場合は、極力その果物は避けたほうが無難だと思います。
スポンサード リンク スポンサード リンク
リンゴアレルギー
リンゴを食べたら心臓がドキドキしたり、口や舌がしびれたりする人がいます。たとえ一切れしか食べていなくてもアレルゲンに反応してしまったと考えて良いでしょう。これはリンゴアレルギーだと思われます。というかリンゴに限らず、桃やさくらんぼ、梨など果物が全般駄目という人も多いです。
小さいころは普通に食べていたものなのでぜんぜんわからなかったのですが、何かを食べて、ブツブツが出来たり、かゆかったり、吐いてしまったりしていて、原因がわからないのが多いのです。それが段々、リンゴを食べた後だって気づくことがあります。リンゴアレルギーなんてあまり信じてもらえなかったりします。マイナーなアレルギーなんです。まさかリンゴがアレルゲンを持っているなんて知りませんものね。
リンゴアレルギーの人は花粉症の人に多いとも言われています。
アレルゲンを知ろう
アレルギーに気づいたらまず何のアレルギーなのかをきちんと知っておくことが大切です。なるべく医者でアレルゲンを調べてください。そしてそのアレルゲンには極力触れたり、食したりしないこと。果物なので生で食べることのほうが多いですが、出来るだけ生で食べないようにしてください。加熱処理しているものなら大丈夫という人が多いですよ。
バラ科の植物やうり科の植物などは花粉症に関連していると考えられていますので、注意して食してください。 冒険してちょっと食べてみようなんて思い、食べてみたら呼吸困難になり救急車で運ばれたなんて人もたくさんいますので、おもしろ半分で命を落としかねませんので、絶対にしないでください。
果物アレルギーは花粉症と同じで直らないようです。ですので果物アレルギーだとわかったら自分で抑えるしか方法がありません。果物アレルギーは世間では理解されていませんので、ただの好き嫌いで判断されがちですが、自分でしっかりと意思表示をして断る勇気もつけましょう。

Copyright © 2008 果物アレルギーはこわい

プライバシーポリシー メイク〜はじめての人のために ショップ袋 多汗症 一人暮らしでワクワク!! 初めての美容整形で気をつけること フォーエバー21